NHKの番組 『ためしてガッテン』 で、虫歯予防の特集が放送されました

★常識逆転!自宅で虫歯を治す法

 

平成20年8月に、NHKのバラエティー番組 『ためしてガッテン』 で、虫歯予防に関する特集が放映されました。

 

初期虫歯は唾液の力で治ること。
早期発見早期治療が、歯を守ることにはならないこと。
白い歯が健康とは限らないこと。
定期的に歯医者に通院し、管理しながら経過を見てゆくことの重要性。

 

など、当院が10年ほど前より、患者さんに説明してきたことがわかりやすく説明されていました。

 

 

『白い歯は健康』は本当?

虫歯には穴があく前の『初期う蝕』の段階であれば、治すことが出来ます。
穴が開いてしまうと、自宅で治すことは不可能となり、歯医者に通う必要が生じます。
初期う蝕のうちに自宅で直し続けることで、歯医者に通うことなく健康な歯を維持することが出来るのです。

 

歯医者に虫歯を疑って来院される方は、多くの場合

 

「虫歯は黒い」

 

と思っておられるようです。
しかし、実は初期の虫歯は白く見えます。
虫歯は虫歯菌の産生する酸によって歯が溶かされて起こりますが、実は表面ではなく表層直下から溶け始めます。
その段階では、歯の外から見ると白く見えます。
つまり、白い部分は健康とはいえない場合が多いのです。

 

ただ、この段階であれば唾液の力によって自分で治すことが出来ます。
唾液の中のカルシウムが溶け始めた歯に供給され、修復されるのです。

 

食事をする度に酸が産生され、しばらくの間は歯が溶かされ続けます。
したがって、飲食回数が増えれば歯が溶かされる時間が長くなり、唾液による修復が間に合わなくなってしまいます。
つまり、「溶ける時間」を短くし、「治る時間」を長くすること、即ち飲食回数を少なくすることが効果的な対策となります。

 

四日市さくら総合歯科での初期虫歯治療法

現在、当院では、唾液の検査(サリバテスト)をすることにより、お一人お一人における虫歯の起こりやすさ・唾液の虫歯修復能力を検査し、オーダーメードの虫歯予防対策を説明しています。

 

『歯石が多い人は虫歯になりやすい』?

歯石が付きやすい人は、唾液の中にカルシウムが多いと言われています。
ということは、唾液が虫歯を治す力(これを再石灰化能力といいます)が強いので、

 

『歯石が付きやすい人は、虫歯になりにくい傾向がある』

 

が正解です。