1.削って詰めればそのときは綺麗、でも・・・

さくら総合歯科では、随分前から予防の大切さを患者さんに説明しています。

 

『痛くないのに歯医者に通うなんて・・・』
『症状が出てから治せば、何も問題ないじゃないか!?』

 

と思う方が殆どかも知れません。
では、本当にそうなのでしょうか?

 

 

そんなことはありません!

 

実は一旦削ってしまうと、そこを何かで詰めたとしても、大変高い確率で詰め物と歯の境目から虫歯が出来てしまいます。

 

お口の中へは、低温から高温まで、酸性からアルカリ性まで、様々なものが入ってきます。
つまり、大変過酷な環境なのです。
したがって、詰めたものが『一生問題を起こさない』ことは殆どありません。

 

例えば、『タオル掛け』の多くは、粘着テープで壁にくっつけます。
つけた当初は強く引っ張っても外れませんが、数年すると、自然に脱落してしまいます。
そして外れた部分は多くの場合カビが侵入しています。

 

歯の詰め物も、それと同じように、やがて歯から剥がれてきます。
すると、目には見えない僅かな隙間を生じます。
僅かな隙間とはいえ、細菌が侵入するには充分な広さがあります。

 

隙間に侵入した虫歯菌は、見えにくいところで虫歯を作り、内部で広がります。
気がついたときには虫歯は既に拡大し、歯をたくさん削って治療することになります。
(これを『二次う蝕』とよびます。成人の歯科治療の多くは、この二次う蝕の治療です。)
場合によっては歯の神経を取らなければならなくなります。

 

この様なことを繰り返しているうち、やがて歯を抜かねばならなくなってしまいます。

 

つまり、治療では歯を守ることが出来ないのです!

2.今までは・・虫歯は治すためには患者さんの賢明な努力が必要でした

上の説明で、虫歯は治療しても完全に治るわけではなく、治療により虫歯が出来やすくなってしまうことが、お分かりいただけたと思います。
それではどうすればよいのでしょうか?

 

その答えは

 

予防!

 

です。

 

 

ただ、予防は 『言うは易し、行うは難し』 の典型で、効果のある予防をするためには患者さん(お子様の場合は保護者)の懸命な努力が必要です。

 

・ 正しい歯磨き
・ 食生活のコントロール
・ フッ素の利用
・ その他・・・

 

等、行わなければならないことが多く、

 

・ なかなか実践していただけない
・ していただいたとしても長続きしない
・ 効果の高い予防には時間がかかり、その結果コストもかかる

 

と言う現実が立ちはだかります。

 

これが、予防が日本で浸透しない最大の理由だと思います。

3.さくら総合歯科の最新治療 ★★削らず治す、これが本当の『治癒』★★

それでは、もう少し短期間で効果があり、ご自身の努力も最低限で済む対応方法は無いのでしょうか?

 

あります!

 

実は、以前なら数カ月〜一年以上かけなければ改善できなかった初期虫歯を、歯科医院で短期間にかなり改善できる方法が考え出されました。
(もちろん、ご家庭でも最低限の努力は必要です。)

 

 

初期虫歯になった部分を複数の材料で処理すると、初期の虫歯を短期間に改善することが可能になりました。

4.実際の治療例

それでは、この特殊処理で治療すると、初期虫歯にどのような変化が起こるのでしょう。

 

上は治療前、下は治療後の写真です。

 

 

 

上写真の白っぽくなったところは、全体的に表層直下が溶けた状態(これを脱灰と呼びます)になっています。
これが初期の虫歯です。
歯は全体的に濁った、不透明な色になっています。

 

この段階では溶けているのが表層直下のため、 『齲窩』とよばれる穴はまだありません。
しかし、このまま放置しておくと表層の歯が欠け落ちて穴があいてしまいます。
したがって、削って治療する必要が生じます。

 

一方、下の写真は、治療一週間後の状態です。
歯には艶がはっきりと出て、透明感のある色調になっています。
これは、表層直下の一旦溶けた部分に歯の成分(カルシウムなど)が入り込み、元通りに修復されてきた結果です。

 

残念ながら、写真ではストロボの影響で違いがはっきり分かりませんが、肉眼では明らかな改善が認められます。

 

ご自身のご自宅でのホームケア(徹底的な歯磨き、フッ素の利用など)と、歯科医院でのプロフェッショナルケア(専門家による徹底的な歯のお掃除)を繰り返しお受けになれば、数カ月でこの様な改善は可能です。

 

しかし、四日市さくら総合歯科で行う特殊な方法は、この改善を短期間に出来るのが特徴です。

 

ご自宅でのホームケアを、高いレべルで長期間続けるのは難しく、ちょっと気がゆるむと虫歯が進行してしまいます。

 

もちろん、この特殊な方法を行う場合も、ホームケアが必要です。
ただ、初期虫歯を改善する確実性を高めると共に、短期間で効果の得られる当院の方法は、究極の治療(取り繕う→元に戻す)と言えるのではないでしょうか。

5.四日市さくら総合歯科の目標・・・削らない歯医者

何度もご説明しているとおり、虫歯は削っても元と同じ状態には治せません。

三重県四日市市のさくら総合歯科では、開業当初より『予防』普及のため努力しています。

 

最終的には予防を主体とした、『削らない』歯科医院を目指しています。