1.ホワイトニング

誠に勝手ながら、当分の間ホワイトニングは行いません。
あしからずご了承下さい。
ホワイトニングについては、さくら総合歯科ベビーキッズ歯ならびクリニックの
ホワイトニングのサイト
をご覧下さい。

2.セラミッククラウン(かぶせもの)

A.オールセラミックの冠

全てをセラミックで作る方法です。
見た目が大変綺麗で、ご自身の歯のように自然な感じにすることが出来ます。
また、ご自身の歯の色・形が気に入らないときには、それを大きく改善することが出来ます。

下記メタルボンドの冠に比べて、若干適合が甘くなる傾向があります。
以前は粉を練って形を作り、それを焼成して作る方法が一般的でした。
最近は歯型をコンピューターで計測し、予め作成されている高品質セラミックのブロックを、計測データを元に削り出すCAD/CAMといわれる方法が一般的になってきました。
この様に、セラミック冠は技術の改良・進歩が著しく、見た目を大切にされる患者さんの間で普及しつつあります。

B.メタルセラミックの冠

内側の通常外観に触れない部分を金属で作り、みえる部分にセラミックを焼き付ける方法です。
かなり前から普及している方法で、充分綺麗な歯にすることが出来ます。
上記オールセラミックの冠より透明感や色調が劣りますが、逆に適合は優ります(より歯にピッタリ合い、隙間が少ない)。
歯周病治療など、歯の健康を第一に考えて治療する場合、この方法を使用します。

症例


      

この症例は、歯を守るために重要な糸切歯を残すため、2番目の歯を抜歯し、糸切歯を矯正により中に入れて真ん中の歯とつなげ、メタルセラミックの冠で治療した例です。
歯の根元のラインが若干不揃いですが、手術によって揃えることも可能です。
(糸切歯を抜けばより自然な感じに出来ますが、お口全体の健康に影響が出てしまいます。)

3.ラミネート・ベニア

2.のクラウンが歯全体を削ってかぶせるのに対し、歯の表側だけを少し削り、そこに薄いセラミックなどを貼り付ける方法のことを言います。
本法は欧米で開発されたましたが、日本人は欧米人より歯がかなり薄く、削ることの出来る歯の量も限られるため、全体をかぶせる方法よりかけやすいのが欠点でした。
しかし、材料・技術の進歩により、以前よりも長持ちするようになりました。

 

ただ、歯ぎしりの顕著な方はかけてしまう可能性があることに替わりはなく、日本ではあまり普及していません。

 

・ 軽度な歯ならびの不整が修正可能
・ 歯の形を修正することが可能
・ ホワイトニングでは色の改善が期待できない場合にも可能
・ 歯の切削量が少ないので、歯に対するダメージが少ない
 (特に歯髄(いわゆる神経)をとらずに済むことが大きなメリット)

 

が特徴になります。

4.ハイブリッド・セラミック

保険で多用される硬質レジン(樹脂)に、セラミックの粉を混ぜて物性を大幅に向上させたものを、ハイブリッド・セラミックといいます。
セラミックは硬すぎることによる弊害が有り(但し最近はかなり改善されました)、硬質レジンは色・耐摩耗性が劣り、年々色が黄色っぽく変色してゆくという欠点があります。
ハイブリッドセラミックは、この2つの材質の中間的な特性を有し、特にインプラントの上部構造(歯の形をした部分)や強度を必要としない部分、入れ歯の歯の部分等に使用します。

5.審美手術(見た目を改善するための手術

審美歯科は、一般に「歯の見た目をきれいにする」ことに主眼が置かれています。
しかし、歯だけを治療しても、見た目が不十分である場合も少なくありません。

 

例えば、笑うと歯ぐきが見える「ガミースマイル」、一部の歯の根っこが大きく露出した場合、歯ぐきのラインが不揃いの場合、等が挙げられます。
これらは、歯だけではなく歯ぐきも修正しなければなりません。
歯ぐきを修正するためには、手術が必要となります。
手術、というと、怖いイメージがつきまといますが、実際は歯を抜くよりも体に対する影響は小さく、ご心配は無用です。
また、当院の手術は基本的に痛くありませんので、安心してお受け戴けます。

A.歯冠延長手術

歯ぐきの一部を移動させ、見かけ上歯を長くする方法です。
笑ったときに歯ぐきが見えるのが気になる場合、ある程度改善できます。
この手術は、本来虫歯がひどくて丁寧に治療しても長持ちしそうにない場合に行う手術で、その場合被せ物(冠)を長持ちさせることが可能になる、優れた方法です。
若干手術時間はかかるものの、翌日まで痛みを持ち越すことは、殆どありません。

B.歯ぐきのラインを揃える手術

歯ぐきのラインが不揃いなときに行います。
見た目の改善だけでなく、歯磨きが的確に行いやすくなるため、歯を長持ちさせることにもつながる方法です。

C.結合組織移植

歯の根っこが露出した一部の歯を、上あごから組織を移植して根っこをカバーし、露出した根っこを隠して目立たなくする手術です。
最も難易度の高い手術となりますので、どうしても根っこが見えることが気になる方にのみ、お勧めします。