金属アレルギーとは

歯科治療にはさまざまな金属が使用されますが、上下の歯がこすれ合うことにより金属粒子がお口の中に拡散し、それが唾液によってイオン化します。

これが体内のタンパク質と結合し、金属アレルギーの原因となります。

金属アレルギーの症状

原因となる金属がお口の中にある場合でも、お口の中だけでなく全身に金属アレルギーの症状が現れることがあります。

金属アレルギーの局所症状

口内炎、口角炎、舌炎、口腔扁平苔癬などがあります。

金属アレルギーの全身症状

接触皮膚炎、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、顔面湿疹などがあります。

本当に金属アレルギー? 病巣疾患との鑑別

本当に口の中に存在する金属がアレルギーの原因になっていることは、実際にはそれほど多くないと思われます。
実際、金属を口の中から撤去したにも関わらず、症状が改善しなかった、という症例を学会等で散見します。
むしろ、他の原因によって皮膚などに症状を現していることが多いのではないでしょうか?

病巣疾患とは

病巣疾患という言葉は、医師・歯科医師の間でもまだ認知度が低く、ましてや一般の方にはなじみのない言葉だと思います。
病巣疾患とは、身体のどこかに限局した慢性の病巣があり、それ自体はほとんど症状がないにも関わらず、、体の離れた部分に様々な症状を起こすことを言います。
例えば、掌蹠膿疱症と呼ばれる手のひらなどに起こる皮膚疾患は、口の中では歯周病や根尖病巣(根っこの先にできる病気)が原因になったり、喉の上部にある上咽頭と呼ばれる部分に生じた慢性炎症、「慢性上咽頭炎」が原因で発症することが知られています。
『金属アレルギーかな?』と思ったら、その前に慢性上咽頭炎の有無を調べることを推奨します。
ただ、残念ながら多くの耳鼻咽喉科医は、まだこの“慢性上咽頭炎”の重要性を認識していません。
したがって、鼻からファイバースコープを入れてその部分を覗いても特に異常が見られず、「問題ありません」とされてしまうことです。
実は、慢性上咽頭炎はその部分を直接綿棒で触らなければ、診断できません。
さくら総合歯科では、金属アレルギーを訴えて来院された方には、まず“慢性上咽頭炎”を正しく診断できる耳鼻咽喉科医に診てもらうことをお勧めしています。

金属アレルギーの治療法

金属アレルギーのある方は、原因となる金属を検査し、それを含む装飾品などを使用しないようにする必要があります。

ただ、歯の治療に用いられた金属は、ご自身で外すことは出来ません。
したがって、歯科医院で治療する必要があります。
また、歯科医でも外せない場合がありますので、場合によっては抜歯が必要になる場合さえあります。
金属を除去した後は、原因となる金属を含まない材料を用いて、治療する必要があります。

 

なお、掌蹠膿疱症は必ずしも金属アレルギーが原因とは限りません。
歯周病など、お口の中の病気が原因となる場合もありますので、それらに対しても本格的に、かつ正しい治療で徹底的に対応する必要があります。

既に治療済みの歯の再治療

お口の中の金属が原因の場合は、原因となる金属以外の材質のみで 治療しなおす必要があります。
小さな詰め物は樹脂に変えるだけですむ場合がありますが、

 

かぶせ物にはオールセラミック、
土台となる見えない部分にはファイバーコア

 

を使用する必要があります。
原因となる金属がわかっている場合は、それを含まない金属を使用することもあります。
保険の金属は溶け出しやすい金属が多く含まれているので、多くの場合治療に使用できません。
多くの場合保険外診療となります。

 

ただし、金属アレルギーの治療の際には気をつけならなければならない 重要事項があります。
それは

 

金属がお口の中に飛散しないように防禦して金属を除去しなければならない

 

ということです。

歯を失った部分の再治療

歯を抜いた後には、以下の方法の中からご選択いただきます。
三重県四日市市のさくら総合歯科では、これらの方法で掌蹠膿疱症と言われる手のアレルギーを、大幅に改善させた実績があります。

インプラント

当院で使用しているインプラントのうち、陽極酸化処理を施した物はイオンの溶出が少なく、金属アレルギーを起こしにくいと言われています。

歯の移植

インプラントはあくまで金属であり、ごく僅かではありますが金属アレルギーを起こす場合があります。
より確実に金属アレルギーを避けたい場合は、親知らずを移植することも出来ます。
但し、移植するのに条件の良い親知らずが無いと、この方法は行えません。

オールセラミックブリッジ

歯のない部分の前後に健康な歯が残っている場合、セラミックのみで作ったブリッジでの対応が可能です。

金属を使用しない義歯

ミラクルフィットという、金属のバネのない入れ歯で対応出来ます。
一般的にノンクラスプ義歯と呼ばれているものの多くは、一部金属を使用しますので、使用出来ません。