光殺菌療法(PDT)とは?

光殺菌療法(photo dynamic therapy)とは、強い光と色素(光感受性ジェル)を使用し、細菌を選択的に死滅・減少させる、歯科では新しい方法です。
さくら総合歯科では、

 

色素・・・トルイジンブルー
光・・・・・パワーの強いLED照射器

 

を使用しています。

 

色素が細菌の細胞表面に浸透し、そこに光を当てることで活性酸素を大量に発生させ、それが細胞表面を破壊して細菌を死滅させます。

 

光殺菌療法の歴史

医科では既に1990年ごろから肺、食道、胃、子宮頸部などの早期がんに対して使用されてきました。

 

歯科では欧米を中心に、数年前から抗生物質を使わない体に優しい安全な治療法として普及しつつあります。

光殺菌治療の特徴

(1) 耐性菌をつくらない

 

抗生物質による治療には、耐性菌の問題がつきまといます。
それに対し、光殺菌治療は耐性菌をつくりません。

 

(2) 耐性菌にも効果がある

 

光感受性ジェルはあらゆる細菌の細胞壁や細胞膜に浸透します。
その結果、耐性菌にも有効です。

 

(3) 副作用がない

 

副作用がないので、安心して繰り返し使用できます。

 

(4) 痛くない

 

光感受性ジェルを病気の部分に塗布又は注入し、LED照射を行うだけなので殆ど痛みを伴いません。

光殺菌の適応症

(1) 患者適応

 

抗菌療法が行えない患者(妊婦、全身疾患)、薬物アレルギーを有する患者さんに使用します。

 

(2) 適応する病気(条件適応

 

(a) 歯周病治療・インプラント周囲炎

 

歯周病やインプラント周囲炎の急性期、歯石除去前後、手術前中後、病状安定期などに使用可能です。
なお、治療にはこの方法を単独で使用するのではなく、 他の治療法に補助的に使用することにより、良好な効果が得られます。

 

(b) 歯の神経の治療

 

歯の神経の途中に使用し、通常の器具では取り除けない細菌を除去します。
当院ではこの目的でも光殺菌を多用しています。

 

(c) 口唇ヘルペス

 

口唇に出来たヘルペスに色素を塗布し、光を照射するとウイルスを殺すことが出来るといわれています。

コラム 活性酸素とアンチエイジング

活性酸素は、身体にとって有益な働きをすると同時に、老化の原因となっているといわれています。
サプリメントが普及した現在、様々な抗酸化作用(活性酸素を弱める作用)をもつサプリメントが手軽に購入出来るようになりました。
そして、多くの方がそれを服用しておられます。

 

これらの活性酸素は体内に存在します。
一方、歯周病菌は体内に存在するのではなく、歯と歯ぐきなどに囲まれた「体外」に存在します。
したがって活性酸素は体内で発生するわけではありませんので、 抗加齢(アンチエイジング)の妨げにはなりませんので、ご安心ください。