保育士

保育士(常勤)

さくら総合歯科では、外部講演活動・アシスタント・受付・トリートメントコーディネーター・お子様の矯正治療の補助などを行いながら、その合間にスタッフや患者さんのお子さまの保育を行っていただける常勤保育士さんを募集しています。

 

子どもたちを健康にしたいと考えておられる、明るいあなたのご応募をお待ちしています!

さくら総合歯科はどんな歯医者?

さくら総合歯科はマイナス2歳からの予防と、歯周病治療に力を入れる歯科医院です。

 

幼児期にどの様な子育てをするかにより

 

・ 生涯の虫歯リスク
・ 生涯の歯周病リスク
・ 歯ならび・かみ合わせ
・ 呼吸と健康・寿命

 

に影響を与えます。
つまり、この時期が最も重要です。
さくら総合歯科には、新しく歯科医師が就職し、今後特にこの時期の予防に力を入れようとしています。

 

常勤保育士さんのお仕事

保育士さんは、おそらく歯科医療の現場を殆どご存じないと思いますので、まずさくら総合歯科が何故保育士さんを募集し、どのような業務を行っていただくのかを以下に説明します。

 

外部講演啓蒙活動

さくら歯科が常勤保育士さんを募集する最大の理由はここにあります。(パートの募集は常勤とは趣旨が異なります。)
今、子どもたちの多くは発育に何らかの問題を抱えていることが懸念されています。
最も典型的なのが、「姿勢が悪い」こと。
これは、単に背筋が弱い、という単純な問題ではなく、出生児からの発育段階での様々な問題が絡み合って起こっている、と考えられるようになってきました。
したがって、乳幼児の段階で、本来あるべき「発育発達の力」を引き出す生活習慣を指導する必要があります。
そして、その年代に強い影響力・発言力を持つのが「保育士」さん。
四日市のさくら総合歯科では、常勤保育士さんに発育発達に関する勉強をしていただいた上で、乳幼児期の過ごし方の大切さを外部に啓蒙・発信する活動をしていただこうと考えております。
重大な任務ですが、多くの子どもたちを救うことにつながる、やりがいのあるお仕事です。

 

従業員の子供に対する保育

15年以上前には、歯科医院には若い女性スタッフが中心というイメージがありました。
せっかく歯科衛生士になっても、結婚してから歯科医院に戻る方は、残念ながらあまりおらず、統計上も20代が半数を占めていました。。

ところが、近年は20代の歯科衛生士よりも30代以上の歯科衛生士が主体になりつつあります。
以前と違い、歯科衛生士は独立した業務を行うことが多くなり、やりがいがある仕事に変貌したことが、その理由だと思います。
また、歯科医院にとっても、質の高い治療を行うためには経験豊富なスタッフが不可欠で、そのためにも、スタッフに子供がいても働きやすい環境を構築する必要があります。
そのようなスタッフを支援するためにも、保育士さんが必要なのです。

 

子どもの歯ならび治療に参画

さくら総合歯科では、保育士さんが関与するには絶好の矯正治療をを行っています。
当院の矯正治療は、筋機能療法を中心とした方法を使用しています。
筋機能訓練は、一般的な歯科治療と異なり、お口の中を見るのではなく全身やお口を外から見ることが中心となります。
したがって、下手にお口の中の知識が多すぎる歯科医師や歯科衛生士よりも、保育士さんの方が客観的にお子様の問題を観察できる場合も少なくありません。
このうち、筋機能療法は、お口の中でなく全身の訓練を行います。
お口の中を触らないので、歯科的知識は必要ありません。

 

また、対象となるお子様の年齢は就学前〜小学校高学年が主な対象で、お子様好きの保育士さんにぴったりのお仕事だと思います。

 

患者さんのお子様に対する保育

さくら総合歯科では、『マイナス2才からの予防』 に力を入れています。
妊婦のうちから予防を始め、出産後も母子共に通院していただく必要があります。
ところが、お母様が通院しようと思っても、子どもを預かってくれるところがない、という問題に直面します。そこで、お母様の診療中にお子様を保育するスタッフとして、保育士さんを採用することになりました。

 

アシスタント・受付として

平日午前中は主に、受付やアシスタントとしてご活躍いただきます。
歯科医院の受付は診療内容を理解していなければ勤まらない、皆様の想像以上に難しい仕事です。そのため、診療内容の勉強にもなるアシスタント業務から始めていただきます。
アシスタントの経験をある程度積めば、受付やあとでご紹介するトリートメントコーディネーター業務もスムーズに行えるようになります。

 

資料や新聞作製などのIT業務も担当

今時の歯科医院は、患者さんに検査結果や写真をご覧に入れるのが、常識となりつつあります。
また、様々な情報発信を行う必要もあります。
これらのお仕事を保育や他の業務の合間に行っていただきます。

 

トリートメントコーディネーターとして

患者さんに対する様々な説明やを行う仕事を、歯科業界では
「トリートメントコーディネーター(以下TC)」
と呼んでいます。
治療に納得していただくのに不可欠なのが、説明です。
従来歯科医師や歯科衛生士がこの業務を担っていました。
しかし、歯科医師たちが丁寧に説明をしようとすると、治療に避ける時間が削られてしまいます。

 

歯科業界関係以外から就職したスタッフは、歯科医院が高い利益を得られる職場であると、勘違いしています。
そんな時代は20年前に過ぎました。
歯科医院は改行に膨大な経費がかかり、また、質の高い治療を提供するために、日々高額の経費をつぎ込んでいます。
したがって、丁寧な治療をすればするほど経営が悪化し、説明の時間を省かざるを得ない現実があります。
逆に説明に時間をかけすぎると、治療の質を落とさざるを得ない現実もあります。

 

そこで、どうしても歯科医師・歯科衛生士でなければならない説明以外をTCが担当することにより、質の高い治療と丁寧な説明が両立できます。
この大変重要の任務、TC業務も何れ担当していただきます。

 

求める人材

最初の1年〜1年半は、セミナーや講習会に参加していただき、お勉強をしていただきます。
そのあと啓蒙活動に取り組んでいただきますが、最低5年以上正職員とし継続勤務を出来る方に限定して募集しております。

 

歯科医療において禁煙指導は必須です。
したがって、非喫煙者に限定させて戴いております。

 

また、当院は大変真面目に治療に取り組んでいます。
そのため、患者さんから見た『信頼感』が重要です。
したがって、髪の毛を明るい色に染めることは禁止しています。
(カラーコードで9以下)

 

応募をお考えの方へ

三重県四日市市のさくら総合歯科は、マイナス2歳からの予防・お子様の矯正治療・歯周病治療に力を入れています。
したがって、このHPの『予防関連のページ』・『こども矯正』・『歯周病関連3ページ』をよくご覧になってから面接・見学にお越しください。

 

また、当初半年以上はアシスタント業務(一部事務&受付業務)のみを行っていただき、その後保育の仕事も行っていただく予定です。

 

当院は車通勤に適しています。(大型車不可)
従業員用の駐車場が確保してあるので、安心してお車で通勤して戴けます。

給与(常勤)

月給 20万円(諸手当込み)
交通費支給、社会保険、雇用保険、労災。賞与年2回(初年度1回)
就業規則あり
★ただし1年以上保育実務経験のある方
最初の半年〜1年は保育以外の業務です。

応募先と応募方法

まずはお電話で下記必須事項について受付にお伝え下さい。
電話番号 059−326−0054 さくら総合歯科まで。
お電話を戴いたら、用件のみお聞きした上で、後でこちらからかけ直します。
誠に勝手ながら、お電話は診療の忙しい時間帯をお避けいただきますよう、ご協力をお願い致します。

お電話でお伝えいただく必須事項

ご氏名
年齢
ご住所(市・町まで)
保育士としての経験年数
当院にご応募しようと思われたご理由

保育士(パート)

さくら総合歯科では、スタッフや患者さんのお子さんの保育を行って戴けるパート保育士さんを募集しています。
子ども好きで明るいあなたのご応募をお待ちしています!

さくら総合歯科はどんな歯医者?

歯科はマイナス2歳からの予防と、歯周病治療に力を入れる歯科医院です。

幼児期にどの様な子育てをするかにより

 

・ 生涯の虫歯リスク
・ 生涯の歯周病リスク
・ 歯ならび・かみ合わせ
・ 呼吸と健康・寿命

 

に影響を与えます。
つまり、この時期が最も重要です。
さくら総合歯科には、新しく歯科医師が就職し、今後特にこの時期の予防に力を入れようとしています。

保育士さんを募集している理由

保育士さんは、おそらく歯科医療の現場を殆どご存じないと思いますので、まずさくら総合歯科が何故保育士さんを募集しているのか、説明します。

従業員の子供に対する保育

15年以上前には、歯科医院には若い女性スタッフが中心というイメージがありました。せっかく歯科衛生士になっても、結婚してから歯科医院に戻る方は、残念ながらあまりおらず、統計上も20代が半数を占めていました。。

ところが、近年は20代の歯科衛生士よりも30代以上の歯科衛生士が主体になりつつあります。
以前と違い、歯科衛生士は独立した業務を行うことが多くなり、やりがいがある仕事に変貌したことが、その理由だと思います。
また、歯科医院にとっても、質の高い治療を行うためには経験豊富なスタッフが不可欠で、そのためにも、スタッフに子供がいても働きやすい環境を構築する必要があります。
そのようなスタッフを支援するためにも、保育士さんが必要なのです。

患者さんのお子様に対する保育

さくら総合歯科では、『マイナス2才からの予防』 に力を入れています。
妊婦のうちから予防を始め、出産後も母子共に通院していただく必要があります。
ところが、
お母様が通院しようと思っても、子どもを預かってくれるところがない
という問題に直面します。

 

そこで、お母様の診療中にお子様を保育するスタッフとして、保育士さんを採用することになりました。

求める人材

当院は車通勤に適しています。(大型車不可)
従業員用の駐車場が確保してあるので、安心してお車で通勤して戴けます。
なお、歯科医療において禁煙指導は必須です。
したがって、非喫煙者に限定させて戴いております。
また、当院は大変真面目に治療に取り組んでいます。
そのため、患者さんから見た『信頼感』が重要です。
したがって、髪の毛を明るい色に染めることは禁止しています。
(カラーコードで9以下)

給与(非常勤 午前パート募集中)

時給 1,100円〜1,300
交通費支給
勤務時間 週2日〜5日程度出勤できる方
ただし、保育を希望するスタッフの勤務に合わせて出勤していただくことが多くなります。
3年以上継続勤務可能な方
空いた時間には、事務作業もお手伝いいただくことがあります。

応募先と応募方法

まずはお電話で下記必須事項について受付にお伝え下さい。
電話番号 059−326−0054 さくら総合歯科まで。
お電話を戴いたら、用件のみお聞きした上で、後でこちらからかけ直します。
誠に勝手ながら、お電話は診療の忙しい時間帯をお避けいただきますよう、ご協力をお願い致します。

 

お電話でお伝えいただく必須事項
・ ご氏名
・ 年齢
・ ご住所(市・町まで)
・ 保育士としての経験年数
・ 当院にご応募しようと思われたご理由

サブメニュー